最先端のがん治療「がんワクチン」とは クリニックサンルイが選ばれる理由

クリニックサンルイ トップページ > 最先端のがん治療「がんワクチン」とは

最先端のがん治療「がんワクチン」とは

主ながん治療は、手術・放射線・抗がん剤の3つですが、<br /> 最近になって第4の治療として注目を集めているのが「がんワクチン」です。

がんワクチンとは

ワクチンというと、インフルエンザやBCGワクチン、最近では子宮頸がんなど「予防」のためのものが広く知られるようになってきましたが、がんワクチンは「治療」するためのワクチンです。患者さまが持つ免疫力を高めてがん細胞を攻撃するため、これまでの治療に比べて副作用が少なくいことが特長です。また基本的に注射で治療を行うため、通院で治療を受けることができます。

がんワクチン

樹状細胞ワクチン療法

がんワクチンには種類がありますが、当クリニックが提供しているのは「樹状細胞ワクチン療法」です。
「樹状細胞」とは免疫細胞の一種で、がんを攻撃するリンパ球にがんの特徴を教えて攻撃するように指令を出す細胞です。昨年、ノーベル医学生理学賞が樹状細胞の研究に贈られたことからも注目を集めました。
この樹状細胞を体外で育て、ワクチンとして注射する治療法が「樹状細胞ワクチン療法」です。
他のがんワクチン治療に比べ、がんを正確に攻撃できるため、より効果が期待できるのです。

がんワクチン

最先端のがんワクチン治療 「樹状細胞ワクチン療法」についてはこちら

information

  • 相乗効果を上げるために
  • 治療スケジュール
  • 当院が選ばれる理由
  • よくある質問
  • 医師紹介
  • 施設案内
最先端のがん治療「がんワクチン」 最新の医療現場からがん最前線ブログ 今からがん手術を受けられる方へ 後悔しないために プライベートがんバンク WT1ペプチド 国立大学発最新のがん免疫療法
がん治療に関する疑問ご相談にお答えします。医療相談予約 受付お電話は075-583-6866まで。簡単予約フォームはこちら

がんの種類

  • 無料相談予約
  • 資料請求
お電話でのお問い合わせは月~金 9:00~17:30、075-583-6866