免疫治療について クリニックサンルイが選ばれる理由

クリニックサンルイ トップページ > 免疫治療について

がん免疫治療とは

免疫は、病気から私たちを守ってくれるからだのしくみです。
日々私たちが知らないうちに免疫細胞たちは病気と戦っているのです。
免疫のバランスが崩れるとがん細胞が増殖します。
だからこそ、がんを小さいうちに取り除き、
がんの免疫抑制機構が働かないうちに
自分の免疫力を普通以上に高めていく必要があります。
こういった治療を免疫療法と呼びます。

免疫療法の種類

免疫療法は「特異的免疫療法」と「非特異的免疫療法」の2種類に分かれます。

特異的免疫療法 患者様の癌を狙い撃ちすることができる
攻撃力の高い免疫反応が期待できます。
微小ながんだけでなく、大きながんに対して
抗がん反応を示すことが明らかになっています。
樹状細胞療法など
非特異的免疫療法 攻撃力は高くはありませんが、
免疫力を全体的に高めることが出来ます。
微小ながんに対して抗がん作用を示すことが
明らかになっています。
活性化リンパ球療法
NK細胞療法
BRM療法など

クリニックサンルイでは「特異的免疫療法(樹状細胞療法)」をメインに治療を行っております。

特異的免疫療法(樹状細胞療法)の種類

人工抗原樹状細胞療法

人工抗原樹状細胞療法は、患者様のがんにあった人工抗原「WT1ペプチド」を使って
生成した樹状細胞を用いたがん標的免疫療法です。

WT1ペプチド

人工抗原として世界中から注目

WT1ペプチドは、がんの人工抗原の一つで、幅広いがん(白血病等の血液がんも含む)に
高い割合で存在することを大阪大学大学院 杉山治夫教授が発見しました。
そのため、樹状細胞療法にこのWT1ペプチドを用いることによって、
より多くのがん患者さまに対して樹状細胞ワクチン療法を提供できるようになりました。

多くのがん種に対応可能

樹状細胞ワクチン療法は、まず樹状細胞ががんの目印(抗原)を認識し、
次いで樹状細胞がその目印(抗原)をリンパ球に教育する(覚え込ませる)ことで、
リンパ球ががん細胞を狙い撃つ、という治療法です。
この療法で用いられるがん抗原として、"ご自身のがん組織(自己がん組織)"が挙げられます。
しかし、過去に手術を終えてしまった場合や病状の進行によって
手術ができない場合等で自己がん組織を確保することができない場合、
人工抗原(人工的につくられたがん抗原)の使用が検討されます。
ここで大切な事は、人工抗原(さまざまな種類があります)とがんの目印とが合致する事です。
多くの人工抗原の場合、がんの種類毎に合致するものが限られてしまいます。
しかし、WT1ペプチドはほぼ全ての固形がん・血液がんに高い割合で存在することから、
多くのがんで目印として用いることが可能です。これにより、
WT1ペプチドを樹状細胞療法に用いることで、自己がん組織の確保が困難な患者さまも含め、
多くのがん患者さまに対し、樹状細胞療法を提供することが可能となりました。

[各がん種におけるWT1の発現率]

自己がん組織樹状細胞療法

プライベートがんバンク

自己がん組織樹状細胞療法は、
手術で摘出された新鮮な自己がん組織を使って作製した
樹状細胞を用いたがん標的免疫療法です。

自己がん組織保存 プライベートがんバンク

局所樹状細胞療法

局所樹状細胞療法は、活性化した樹状細胞を放射線で治療したがん組織に直接注入し、
そのがんに反応する免疫を強力に呼び集めるがん標的免疫療法です。
がんに樹状細胞を直接注入することによって、注入した場所のがんを殺すだけでなく、
周辺に散らばったがんをも攻撃します。全てのがんに適用はできませんが、
実現した場合には高い治療効果がもたらされます。

免疫療法の特徴

副作用が少ない
患者さまのからだからとり出した細胞をもとに、「樹状細胞ワクチン」を作るため、
その患者さまだけのオーダーメイド治療となります。
さらに、自分自身の免疫のしくみを活かしてがん細胞だけを攻撃するため、
副作用の少ない治療法となります。時々軽い発熱を伴いますが、これは免疫が高まった印であり、
むしろ治療効果を期待できる好ましい状態であるといえます。
手術・入院の必要がない
「樹状細胞ワクチン」は、約2〜3週間に1回のペースで、計7回に分けて患者さまに注射されます。
副作用がほとんど無いため、全て通院で治療ができますので、入院の必要はありません。
転移がんにも効果的
樹状細胞の働きによりがんの印(しるし)を覚えたリンパ球は、からだ中をめぐってがん細胞を攻撃します。
がんはどこに転移しても元の細胞の性質をもっているので、
同じ樹状細胞が転移しているがん細胞も攻撃することができます。
再発予防に効果的
がんの印(しるし)を覚えたリンパ球は、一部がからだの中に残ります。
このリンパ球が体内にいる間、長期間にわたり効力を保ちます。
残ったリンパ球が再びがん細胞に出会うと活性化し、がんを攻撃します。
そのため再発予防にも効果が期待できます。
他の治療法との併用が可能
クリニックサンルイの免疫療法は、外科手術・抗がん剤・放射線と言った標準治療との組み合わせが可能であり、 むしろ上手に組み合わせる事が効果をもたらす鍵であります。

information

  • 相乗効果を上げるために
  • 治療スケジュール
  • 当院が選ばれる理由
  • よくある質問
  • 医師紹介
  • 施設案内
最先端のがん治療「がんワクチン」 最新の医療現場からがん最前線ブログ 今からがん手術を受けられる方へ 後悔しないために プライベートがんバンク WT1ペプチド 国立大学発最新のがん免疫療法
がん治療に関する疑問ご相談にお答えします。医療相談予約 受付お電話は075-583-6866まで。簡単予約フォームはこちら

がんの種類

  • 無料相談予約
  • 資料請求
お電話でのお問い合わせは月~金 9:00~17:30、075-583-6866