よくある質問 クリニックサンルイが選ばれる理由

クリニックサンルイ トップページ > よくある質問 > 副作用 > がん標的免疫療法(がん樹状細胞療法)に副作用はないのですか?

よくある質問

副作用

Questionがん標的免疫療法(がん樹状細胞療法)に副作用はないのですか?
がん免疫標的療法(がん樹状細胞療法)の副作用はその種類によって異なります。基本的には樹状細胞を体の中に戻すことによっておこる重篤な副作用はこれまで報告されていません。


治療時の副作用:
がん標的免疫療法において自己がん組織樹状細胞療法および人工抗原樹状細胞療法の場合、まれに発熱また注射部位の発赤を認める以外に特に心配される副作用はありません。局所樹状細胞療法の場合、がんの場所に注射針で直接樹状細胞を注入するため、注射による副作用(合併症)の可能性があります。また発熱や注射部位の炎症による痛みを認める場合はあります。


採血時の副作用:
がん標的免疫療法(がん樹状細胞療法)を行う前に、アフェレーシスという専用の採血装置を用いて患者様の血液から樹状細胞のもととなる細胞を取り出しますが、その際の副作用として口の回りや手足のしびれなどが起こることがあります。これは血液を固まりにくくする薬によっておきる血中カルシウム低下によるものですので、カルシウムを補給することですぐに改善します。

information

  • 相乗効果を上げるために
  • 治療スケジュール
  • 当院が選ばれる理由
  • よくある質問
  • 医師紹介
  • 施設案内
最先端のがん治療「がんワクチン」 最新の医療現場からがん最前線ブログ 今からがん手術を受けられる方へ 後悔しないために プライベートがんバンク WT1ペプチド 国立大学発最新のがん免疫療法
がん治療に関する疑問ご相談にお答えします。医療相談予約 受付お電話は075-583-6866まで。簡単予約フォームはこちら

がんの種類

  • 無料相談予約
  • 資料請求
お電話でのお問い合わせは月~金 9:00~17:30、075-583-6866