よくある質問 クリニックサンルイが選ばれる理由

クリニックサンルイ トップページ > よくある質問 > 治療スケジュール > がん標的免疫療法はどのくらいの期間かかるのですか?

よくある質問

治療スケジュール

Questionがん標的免疫療法はどのくらいの期間かかるのですか?
がん標的免疫療法(がん樹状細胞療法):
クリニックサンルイで行われているがん標的免疫療法(がん樹状細胞療法)は、自己がん組織樹状細胞療法及び人工抗原樹状細胞療法の場合、5~7回の投与を 1クールという単位で治療を行っています。一方、局所樹状細胞療法の場合は、1クールは4回の投与になります。
まずはじめに、アフェレーシスという特殊な採血によって樹状細胞のもととなる細胞を採取し、その細胞を約3週間かけて培養調整します。できあがった樹状細胞は基本的に2週間間隔で投与します。したがって、患者様の体調や現在進行中のがん治療とのスケジュールにもよりますが、樹状細胞の投与開始から1クール終了までに 2ヶ月半程度かかります。詳しくはこちらをご覧ください。
局所樹状細胞療法の場合は、本療法を開始する(投与する)前に局所のがん治療(ラジオ波や放射線治療など)を行う場合があるため、それが終了した後に治療が始まります。


通常のがん免疫療法:
活性化リンパ球療法は末梢血からの採血によってリンパ球を採取し、それを約2週間かけて培養調整し、患者様に戻します。活性化リンパ球の投与も基本的に2 週間の間隔で行います。治療期間は、がん標的免疫療法同様に1クール5~7回の治療になりますので約2ヵ月半程度かかります。
BRM(免疫機能補助)療法については特に治療の期間はございません。

information

  • 相乗効果を上げるために
  • 治療スケジュール
  • 当院が選ばれる理由
  • よくある質問
  • 医師紹介
  • 施設案内
最先端のがん治療「がんワクチン」 最新の医療現場からがん最前線ブログ 今からがん手術を受けられる方へ 後悔しないために プライベートがんバンク WT1ペプチド 国立大学発最新のがん免疫療法
がん治療に関する疑問ご相談にお答えします。医療相談予約 受付お電話は075-583-6866まで。簡単予約フォームはこちら

がんの種類

  • 無料相談予約
  • 資料請求
お電話でのお問い合わせは月~金 9:00~17:30、075-583-6866