がん最前線ブログ クリニックサンルイが選ばれる理由

クリニックサンルイ トップページ > がん最前線ブログ > 「膵臓がん」

がん最前線ブログ

2012.01.11      「膵臓がん」

新年明けましておめでとうございます。
当クリニックも1月4日より新年の診察を開始しました。

さて今日は膵臓がんに対する樹状細胞療法の実際について少し書いてみます。
最近技術提供を受けているテラグループより、世界的に評価の高い英文雑誌に膵臓がんの樹状細胞療法の数年にわたる成績が発表されその延命効果が証明され、標準治療をされている多くの先生方の関心を集めています。

又2011年のノーベル医学賞を受賞したラルフ・スタインマン氏自身が、自分の膵臓がんの治療として4年以上樹状細胞治療をうけており、又アップル社のジョブズ氏も同じ膵臓がんに樹状細胞治療を受けていたということがマスコミに喧伝されたこともあって多くの関心を集めています。

膵臓がんはかなり進行するまで自覚症状がほとんどなく、病院で検査を受けるときには既に病状が進行している場合が多く、生命予後の厳しい難しい癌の代表と言えます。

膵臓がんの標準治療としてよく使用される化学療法の薬剤にジェムザールがあります。
ジェムザールは樹状細胞ワクチンとの相性が非常に良い薬です。実際ジェムザールと併用する形で樹状細胞ワクチンを受けている方が殆どで、ジェムザール投与後1週間以内に樹状細胞ワクチンを投与、それを2-3週間ごとに7回繰り返し、それを1クールとしております。

当院では膵臓がんで樹状細胞治療を受ける方が最も多く、長期にわたって延命効果が得られている方も決して少なくありません。ただこの病気の特徴として進行すればするほど体調に変化が現れ、治療効果も出にくくなることがわかっており、治療を開始するタイミングがとても重要です。
膵臓がんの治療に関してお悩みの方はなるべく早くご相談に来て頂きたいと思います。

information

  • 相乗効果を上げるために
  • 治療スケジュール
  • 当院が選ばれる理由
  • よくある質問
  • 医師紹介
  • 施設案内
最先端のがん治療「がんワクチン」 最新の医療現場からがん最前線ブログ 今からがん手術を受けられる方へ 後悔しないために プライベートがんバンク WT1ペプチド 国立大学発最新のがん免疫療法
がん治療に関する疑問ご相談にお答えします。医療相談予約 受付お電話は075-583-6866まで。簡単予約フォームはこちら

がんの種類

  • 無料相談予約
  • 資料請求
お電話でのお問い合わせは月~金 9:00~17:30、075-583-6866